バイクのオンライン査定で低い評価になるバイクの特徴

バイクを売る時には誰もがなるべく高く売りたいと思うでしょう。しかし、中には同じモデルでも評価が低くて高く売れないものも存在しています。査定では色々な箇所を見られるので、その中でも低い評価になるポイントとは何かについてここでは紹介します。

小道具まず1つ目はエンジンのトラブルです。例えば長年放置していたバイクを売ろうと思ったらエンジンがかからなかったとか、エンジンの故障などが発生しているバイクは評価が低くなることがあります。なぜエンジンは評価が低くなるのかというと、修理にも相当な費用が必要になるからです。修理に費用がかかればそれだけ高く買取ることが難しくなるので、なるべくエンジンを故障させないためにも日頃から注意してメンテナンスを行う必要があります。

続いて2つ目は自分で修復してしまうことです。知識がある人や専門スタッフによる修理ならまだしも、全く知識のない人が塗装をしたり、凹みを直したりするとまばらになったり、綺麗にへこみを直すことができない可能性も高いです。自分で修復してしまうと逆にマイナス評価に繋がることがあるのでできる限り修理はせずに査定に出すようにしましょう。

このように査定で低くなるポイントもあるので少しでも高く売りたいならチェックしておきたいポイントです。